カテゴリー: インターネット 光回線

auひかり工事してみた。

今回はauひかりに乗り換えをしたので、その内容をまとめていきたいと思います!

そもそもなんで変えたのか

もともとドコモ光を利用していました。
マンションがVDSL(電話線の導入)のため、100Mの設備でした。
マンション自体は50戸ですので分配するとスピードは落ちると思います。
自宅のWi-Fi接続デバイスは、

MacBookAir
Switch 2台
iPhone13mini
iPhone12mini
iPhoneSE2
iPhoneXR
iPadmini
fireTVstick 2台

全て同時に稼働するわけではないですが、一般家庭よりもデバイスが多いかもしれません。
実際インターネットを使っていると、
◼️土日は終日ほとんどの時間帯でWi-Fiの接続が切れる
◼️Switchを使用しているとスマホでYouTubeが読み込めない
◼️LINEでのビデオ通話が固まる
などは日常茶飯事でした。
それでもなんとか使っていましたが、オンラインでのやり取りも増えてきて契約も満了するということで、いざ乗り換えにいたったわけです。
いざやるとなったらdocomoの割引もなくなる、工事は面倒、どこで申し込むか、など思ってしまい乗り出せずにいました。
12月から検討していましたが、ぐだぐだしておりまして…
結局申し込んだのは年明けの1月でした。
きっかけはやはり接続問題。そもそも我が家はドコモの電波も悪いのです。
大切な連絡があったとき、LINE通話→音声通話と切り替えて話していましたが、とうとう音声通話も切れてしまい、自分は家で誰とも連絡が取れないじゃないか!ということで動き出しました。

まずはじめにしたこと

まず変えたことによってスピードが上がるかの確認です。
こちらで設備確認をしました。

そしてタイプGのスピードを確認

ドコモ光 下り/上り100M
auひかりG契約 下り664Mbps/上り166Mbps

これはあるんじゃないか?と思いつつも次は料金を調べる

ドコモ光 4,000円(税別)
auひかり 3,800円(税別)

あれ?下がる?と思いましたが、スマートバリューを組みたいんです!
そうなると500円(税別)の固定電話をつける必要があります。
4,300円(税別)…300円今までよりアップします。
個人的に300円でストレスが解消されるならアリだとは思いますが、実はドコモ光セット割が▲1,000円(税別)×2台分ありました。auは1台分。得にならないのはわかっていますが、とにかくネットストレスがすごいので割引には目をつぶることにしました。

プランごとのスピードや料金はこちらでご確認ください。

いざ申し込みへ

さあ変更する心構えは準備できました!
いざ申し込みへ。ネットで調べてみるも…
いや、代理店多すぎでしょう。見過ぎてどれでもよくなってきます。
個人的には「割引もなくなるのだから、ちょっとでもキャンペーンの多いところ」と思っていました。
ですが、やれオプションだなんだと面倒になってきます。

はい、わたしはこちらで申し込みました。
「15期連続表彰会社」ここで決定。
正直調べるもの疲れていましたし、不都合や言っていることに疑問を持つようなことがあればキャンセルしようと思っていました。
申し込みはいたって簡単でした。
名前などの基本情報を入力して終わりです。

申し込み後の流れ

ここでは、自分の上記代理店についてお話しますが、他代理店もそう変わらないと思います。

①代理店から連絡
基本情報の確認
キャンペーンの種類の確認:これは後からの連絡でも確認があったので分からなければ「内容を聞いて決めたい」でいいと思います。
重要事項説明を電話でするか、書面でするかの確認:わたしは書面で確認を希望したため1週間と少しかかりました。電話だともっとスムーズになると思います。
ここで書面を選んだため、郵送物が届いたら連絡する流れになりました。
②重要事項説明の読み上げ
やっと書類が届きその中には、重要事項説明の書類とキャンペーン内容の書面が入っていました。
改めて書面の読み合わせ(不明点をバンバン聞きましたが、ちゃんと教えてくれました!)をした後にキャンペーンについて説明を受けました。
代理店のキャンペーン、プロバイダのキャンペーン、auのキャンペーンそれぞれ丁寧に教えていただきました!
また、後日いろんなところから連絡がくるとのこと。
③工事日業者から連絡
ここからはKDDIとのやりとりになります。
その後SMSが届きました。

開いてみると希望の曜日や時間帯しか記載がなく、最短でいきたかったので問い合わせ。
折り返し対応で最短でわたしが時間がとれるタイミングで工事日決定しました!
④書類がいっぱい届く
◼️KDDIより契約内容の確認の書類
◼️KDDIより開通の案内書類
◼️プロバイダよりID/ PWなどの入会書類
◼️代理店よりキャンペーン申請書類
わけわからなくなりますね、はい。
とりあえず開通まで使わないだろうということで放置しました。
ちなみに「代理店よりキャンペーン申請書類」はKDDIのキャンペーンで開通後に書類を書くのでそれも放置。
⑤スマートバリューの手続きの電話
スマートバリューを組むための電話がきました。
対象のauかUQmobileの電話番号を伝えて完了です。

キャンペーンについて

お伝えした通り、代理店、プロバイダ、auとそれぞれキャンペーンがあります。
代理店は口頭で口座番号を伝えるというシンプルな方法だったのでスムーズに完了。
(SMSで手続きする方法もあるみたいです。わたしは面倒なのでその場で終わらせました。)
プロバイダはというと、何ヶ月後かにプロバイダのメール宛に送られてくる内容を確認するらしいです。
また、auの方は書類での申請が必要なようで、書類は代理店から送られてきました。

iPhoneにメール設定をする方はこちらを参考にしてみてください。

まとめて還元してほしい…

そう感じてしまったわたしですが、アドバイスを少しだけ。

必ずメモしてください!
わたしは代理店から送られてきたキャンペーン内容の書面に書き込みました。
そして不明点はガツガツ聞いた方がいいです。
あとで聞くにしても電話はつながりにくいですし、面倒なので早めに確認しておきましょう。
不明点があるまま開通するのも、後で何かあったらと心配になってしまうので。

開通までにやったこと

こちらはほぼなにもやってないと言えばやってないのですが…

まず、プロバイダのメールをスマホに設定しました。
還元を受けるためにメールの受信をする必要があったので、入会の書類が届いたタイミングでやりました。
パソコンよりもスマホの方が確認も操作も楽なので、わたしはスマホに設定。

次に、支払いが「請求書」になっているのでスマホとの合算請求にするため、auに連絡。
書類での手続きが必要とのことで発送の依頼をかけました。

その際になんとビックリ。
スマートバリューが組まれていませんでした!!!
その電話で組んでいただき、書類も送ってもらえるとのことで安心しました。

乗り換えのときの注意点

◼️キャンペーンや開通の流れをしっかり理解しておく
次にやる作業がわかっていれば、スムーズに手続きができますしパニックにならずに済みます。

◼️月末に開通する
auひかりは初月は日割りになりますが、やめる方の回線業者(今回はドコモ光)は日割りにならないのでなるべく末に開通した方がいいと思います。ただ万が一auひかりが開通しなかった時のために、解約はauの開通後に手続きするのがおすすめです。解約の際は電話がつながりにくいので余裕を持って、月末より2、3日前に開通するのがベストかと個人的には思います。

◼️申し込み内容の確認
わたしのように「スマートバリュー組まれてなかった!」なんてことがないように、電話などの対応はひと段落したら確認の電話をしてみてもいいかもしれません。
そこで今自分がどこまで手続きを完了しているのか、など確認できますし、不明点が出てきたらそこで確認もできますので余裕があればぜひ。

◼️事前に現行の光回線の契約期間などは調べておく
あと1ヶ月で満了なら待った方がいいと思います。
つい確認し忘れてて解約金は発生してしまっては、悔しい思いをしますので念のため確認した方がいいです。

工事当日

工事担当者からおおよその訪問時間の連絡がきます。

ピンポーン、ときましたら、現行のモデムのあるところにご案内します。
(我が家は導入の挿し込み口が同じだったため差し替えになりました。現行の回線のモデムたちはそのまま。本当は外していた方がいいのかもしれませんが。)
業者の方に名刺をいただき、ささっと差し替えが完了しました。
共用部分での作業があるとのことで、外に出られて、10分くらいで戻ってきました。
モデムのランプで通信が確認できたらネットと電話の通信チェックを行なって終了です。

10:30には終了。早すぎです!

20〜30分で作業は終了。(自宅の環境や担当者さんで差はあると思います!)

その後、ドコモ光の解約連絡をしました。
同じくらいの時間がかかったかもしれません。

1番左は我が家のルーターです。
右の2つを取り付けていただきました!

メリット

◼️auひかりはプロバイダの設定が不要らしい
今回訪問してくれた業者さんに聞いたのですが、auは設定が不要でルーターもAP(アクセスポイント)モードで、デバイスの設定もそのままで使えるらしいです。
すごい発見!これは本当に手間が省けて素晴らしい!
(ルーターレンタルの場合はデバイスのWi-Fi設定だけ必要だと思います)

◼️工事自体は立ち合いも面倒ではなかった。(時間的に)
やはり何時間もとなると嫌になってしまいますが、思ったより全然早かったのでよかったです。

◼️スピードが早くなった
これも設備や環境で変わりますが、我が家は早くなりました。ドコモ光の速度をはっていないのでなんとも言えませんが、体感で感じました。

参考までに。我が家のネットスピード

デメリット

◼️書類がたくさん届く
もちろんauひかりに限ったことじゃありません。契約なんだもの、しょうがない。と思っていても、けっこうな量があるのでズボラなわたしにはきつかったです。

◼️注意事項が多い
これも契約なので仕方がないのですが、電話だけで1時間は使ったと思います。
不満に思っていたことが改善できたので、今はなにも思いませんが、手続き中は嫌になってました。
でも開通して快適になったらもうOKです!

◼️金額が上がった
これは人によるかもしれませんが、わたしの場合は上がりました。
ドコモ光に比べるとセット割に電話をつけなくてはいけないもの金額が上がる要因だと思います。

配線かくし(おまけ)

ちなみに我が家は配線がめちゃくちゃなので隠しまくっています。
コンセントの位置的にリビングの真ん中にモデムがくるという最悪な感じですが…

こんな感じでまとめています!
カゴに入れると掃除機の時の移動が楽です!もう少しスッキリできるようにまだまだ改造計画中です。

自宅のWi-Fiルーターはこちら

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

後日談

開通して1ヶ月が経過しましたが、快適に過ごしています!
代理店からのキャッシュバックの振込もしっかり確認できました!!
約2週間で入金があったので、条件と手間を考えれば楽だったかと思います。
プロバイダのキャッシュバックはまだですが、メール設定もしているので問題ないかと思います。
au側の手続きは完了しておらず、まだ請求書が自宅に届いてる状況です。
スピードが出るのでテレビで動画をみる機会も増えました。
引越しなどがあればまた考えようと思いますが、住んでいるうちは変えない予定です。

まとめ

面倒でしたが、変えてよかったと思っています。
「変えたいけど面倒だなあ」と思っている方がいましたら、参考になればと思います。